ニュースリリース

西武ホールディングスに
AI音声認識 文字起こしシステム「AmiVoice® MinutesWriter」が導入されました

質疑応答録・議事録等の作成時間を最大3分の1に短縮

2020/03/23
ニュースリリース

 株式会社アドバンスト・メディア(本社:東京都豊島区、代表取締役会長兼社長:鈴木清幸 以下、アドバンスト・メディア)のAI音声認識を活用したスタンドアローン型文字起こしシステム「AmiVoice MinutesWriter(アミボイス ミニッツライター)」が、株式会社西武ホールディングス(本社:東京都豊島区、取締役社長:後藤高志 以下、西武ホールディングス)に導入されました。

 

【導入の背景】
 西武ホールディングスでは、これまでICレコーダー等で録音した音声を確認しながら、議事録等の作成を行っていました。音声のテキスト化には多くの時間・人員を要し、業務負荷がかかっていました。
 このような時間的・人的負担を削減し、社内全体の業務を効率化する為、社内会議や決算説明会、社内行事等の幅広いシーンでAI音声認識を活用した文字起こしシステム「AmiVoice MinutesWriter」を導入いただきました。

【導入の効果】
 西武ホールディングスでは、今回の導入により、議事録等の作成時間を最大3分の1に短縮し、文字起こしに要していた人員の削減が実現され、業務効率化に繋がっています。また、会議中に音声がリアルタイムでテキスト化される為、参加者全員が会議に集中できるようになりました。
 決算説明会の質疑応答やIRミーティング等の音声は、質疑の要点を漏らさずテキスト化し、迅速に開示資料を作成する必要があり、業務負荷が特に大きくなっていましたが、導入後は、音声認識によって自動テキスト化された内容を、編集ソフト「AmiVoice Rewriter」を用いて修正する事で済むようになりました。その結果、記録作成の担当者を3名から1名に省力化できた他、記録作成業務の効率化により、情報開示を1営業日早められた等、投資家対応の充実にも繋がっています。
 また、社長訓示等の社内行事の音声をテキスト化する為にかかる時間が約3分の1になり、グループ全社への情報共有が迅速化されました。削減された時間は事実確認等に充てる事ができ、内容の質的向上にも貢献しています。

 また併せて、場所を選ばない運用を考慮し、超指向性小型スタンドマイク「AmiVoice Front ST01」、マイク集約デバイス「AmiVoice Front HUB01」も導入されました。マイク設備の持ち運びが可能になった事で小会議室等、活用の幅が更に広がる事が期待されています。
今回の導入を元に、西武ホールディングスでは、西武グループ全体の業務効率化も視野に、音声認識活用の拡充が検討されています。

 

【AmiVoice MinutesWriter概要】
AI音声認識を活用し、会議等の音声をリアルタイムでテキスト化します。音声とテキストは発話ごとに紐づいて蓄積される為、編集ソフト「AmiVoice Rewriter」を用いて、簡単かつ正確に認識結果を修正可能です。議事録・テキスト化業務の負担軽減・コスト削減・スピードアップに貢献します。また、お客様環境にシステムを導入するスタンドアローン型の為、セキュアな運用が可能です。
https://www.advanced-media.co.jp/products/service/private-enterprise-proceedings-preparation-support-system

以上

本件のお問い合わせ

経営管理本部 広報チーム
TEL:03-5958-1307
FAX:03-5958-1032

VoXT(ボクスト)事業部
TEL:03-5958-1035
FAX:03-5958-1033